浦安の祭り「浦安三社祭」はおおむね4年ごとに、6月中旬の金曜日の宵宮で幕をあけ、土曜、日曜日の午後6時ごろの宮入まで大小100基以上の神輿が繰り出します。
猫実の豊受神社(神明宮)から2基、堀江の清瀧神社から2基、当代島の稲荷神社から1基の宮神輿を先頭に各地区を練り歩きます。
もともとは10月15〜16日、あるいは16〜17日に行われ、清瀧神社、豊受神社では神楽を奉納し、稲荷神社では豊年祭りをそれぞれの地区でおこなっていたそうです。
大正時代の末には4年に1度、6月14〜16日に3つの神社が合同で大祭を行うようになり10月の祭礼は次第に行われなくなり陰祭りとされるようになったそうです。
元来が10月に行っていた大祭を6月に行うことから正式には浦安三社臨時大祭と呼んだそうです。
元々が宵越しの金は持たない気性と、海で揉まれた荒い気性。かつては、寄付の少ない民家や交番に神輿ごと突入する暴れ神輿だったそうで、昭和30年代の不況による財政状況の悪化や警備体制の関係から一時中断され、昭和49年、約13年ぶりに浦安の大祭が復活し、現在に引き継がれています。
また、平成12年(2000年)の大祭から祭りの名称を「浦安三社祭」と改名しています。

平成18年より3神社の例祭日が変更され、豊受神社は10月16日が6月16日、清瀧神社は10月15日が6月15日、稲荷神社は10月22日が6月22日へ変更になっています。
平成24年より祭禮の名称が浦安三社例大祭に変更

平成18年6月一部更新
平成27年12月一部更新