豊受若衆
   平成28年浦安三社祭まであと 

東組連合Blog 西組若衆Blog

豊受若衆最近の記事
«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 15 | 16 | 17 | 18 || Next»




灰色の生地に波のような柄、背中には巴が描かれた豊受神社の宮半纏。
この半纏が神輿渡御の警備役員用として西組若衆と東組連合それぞれに配られたのは昭和53年が最初になります。
現在の行徳地区などに見られるように昭和36年頃までの浦安の祭りも白のダボシャツに白の半股引の白装束が一般的でした。
当時は、お祭りの都度に豊受の神様が町内を見守ってくれるという神聖な御神輿を担ぐ意味合いから白装束だったとのことです。また一方では、消防団や若い衆宿単位で半纏を新調していた所もあったようです。
昭和49年に大祭が復活してからは祭禮に参加をする際の装いの多様化が進み、警備上の目印となるように宮半纏が誕生しています。
カテゴリー: 平成16年浦安三社祭
平成16年6月18〜20日に挙行される浦安三社祭を盛り上げようと、豊受神社の西組若衆と東組連合の合同で、弓張提灯を手にした約50人の子ども達による宮神輿の先導行列を行います。
新たな試みですが、多くの皆さんにご覧頂ければ幸いです。
なお、宮神輿先導行列実行委員会で地域の子供会に参加者の募集を終えていますので当日の参加が出来ません。あらかじめご了承下さい。
日時 6月20日(日)午後3〜
場所 やなぎ通リの浦安葬祭センター付近(休憩場所)→平城苑右折→そば屋大月付近まで
 下地図参照(地図上の赤いコース)

カテゴリー: 浦安三社祭写真館


平成12年浦安三社祭写真館

  

▼画像はこちらからご覧ください
«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 15 | 16 | 17 | 18 || Next»