東組blog

«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 || Next»
浦安三社祭の歴史(コミュニティー新聞より一部抜粋)
みなさんご存知の通り、浦安は埋立てで大きくなった町です。埋立により4倍になりました。
浦安市の前身である浦安町は猫実村、堀江村、当代島村が合併しできたもので、この3つの地域は地名として今も残っています。この3つの地域にはそれぞれ鎮守様が存在し、猫実には豊受神社、堀江には清龍神社、当代島には稲荷神社があります。
かつての祭りといえば10月に行われていた祭礼をさしていました。清龍神社は10月15日、豊受神社は10月16日、稲荷神社は10月22日の秋の収穫が終わった頃に祭礼が行われていました。
この祭礼とは別に4年に一度、臨時大祭も行われていました。これがのちの浦安三社祭を指しています。かつての臨時大祭には神輿がなく、登場したのは大正時代になってからです。地域の若衆が、神輿を担ぎたいために一日一日少しずつ貯めた金で、やっと神輿を持つことができたのです。この年に初めて神輿が登場する臨時大祭が大正14年に行われました。
神輿が出て盛大な祭りが行われるようになると10月の祭礼は規模が小さくなって、何時しか浦安の祭りといえば6月の大祭を指すようになっていきました。
時は終戦直後、浦安は貧困の中にいました。当時は17、18歳になると地域の若衆宿(青年団のようなもの)に所属することが慣わしで、終戦直後は貧しさから、憂さ晴らしと言わんばかりに祭りになると荒れていました。
昔も今も寄付金で成り立っている祭りですから、あの店は寄付金が少ないという理由で神輿が突入し店内を荒らしたり、あの家は神輿を出すのに反対したという理由で玄関や屋根を壊されたり、雰囲気を壊す奴がいると神輿を担いでいる途中でも川に落とされたりと、当時つけられた別名、喧嘩神輿、暴れ神輿がぴったり当てはまるほど荒れた祭りでした。
時は昭和33年、浦安で大事件が起こります。旧江戸川の水がどす黒く変色してしまったのです。原因は上流にある本州製紙工場であることを突き止めた漁民たちは工場排水を止めるよう何度も陳情したのですが排水は止むことなくついには工場側と衝突してしまうことになります。警察機動隊まで出動し逮捕者を複数だす大事件に発展してしまったのです。結果は日本の環境問題意識を大きく変える事件にまでなってしまいました。
昭和30年代前後は鍋底不況のまっただ中、変わっていく漁業環境と上に書いた工場との事件、将来の不安などから不満がたまり、この時代の臨時大祭は荒れに荒れました。あまりに荒れる祭りは、昭和33年で中止に追い込まれてしまいます。(中止の原因は他にも、不況から寄付金が集まらなかったという財政面の大きな要因もあります)
臨時大祭が復活したのは昭和49年、13年ぶりの大祭でした。祭りを中止させてしまった思いから、祭りの管轄地域を細かく分け世話人を複数置くなど、神輿が出ても暴れないよう注意が払われました。
各地域で若衆や町内会、商店会から多くの神輿が出始めたのもこの頃からでした。町内の飾りも派手になり祭りの規模は大きくなっていきました。
2011年、東日本大震災が浦安を襲いました。浦安は液状化現象が起き、道路の隆起、家屋の傾き、ライフラインの寸断など甚大な被害を受けてしまいました。
本来、祭りとは豊作祈願はもちろん、厄払い、悪鬼払いなどいろいろな意味があります。地域のコミュニティーが中心になって行われる祭りは自然とそこに絆が生まれます。祭りは準備段階が一番楽しいと言われますが、絆を再確認し、皆で一つのことを団結して成功させるという目標があってこそだからだと思います。
前回の祭りは、(平成24年)震災復興という大きなスローガンがあり、浦安三社祭という祭りをきっかけに浦安がひとつになり、少しでも早い復興を願って実施されました。
次回(平成28年)も、歴史と文化を育みながらも地域の復興と深い絆を確認し、豊受神社東組連合は一致団結して最高に「かっこいい」祭りにしていきたいと思います。
null

14/09/21: 役員会議開催

昨夜新役員発足して2回目となる会議を自治会集会場で実施しました。
今回の議題は、新役員名簿の作成と各種担当分担の選出でした。
次回大祭は、東組連合はじまって以来の大がかりなサプライズ企画も
あり、役員一同気合十分で取り組んでまいります。
今後は、連絡手段を早期に構築し問い合わせ先も掲載予定ですので、
入会希望やその他問い合わせについても行っていく予定です。null

14/09/08: 新役員発足

みなさん、ご無沙汰しております。
我が東組連合も2016年の大祭に向け動き出しました。

まずは、新役員人事。
会長については、熊川会長から前副会長宮崎が会長に就任
副会長については、留任2名、新規2名
若頭は、新規4名等々、役員18名フレッシュなメンバーで2年後の大祭に向けて
準備計画していきますので皆さんのご協力をお願いいたします。

また、このBlogもちょいちょい更新できたらと思っておりますので是非閲覧ください。
これからの東組連合の活動としましては、ひとまず役員会議を定期的に実施して、活動方針や、大祭でのサプライズ企画等を話し合ってまいります。

今回の大祭皆さん大変お疲れ様でした。
皆さんのお陰を持ちまして盛会で終えることができました。
さて、今回の大祭DVDにつきましては、完成次第寄付をいただいた方々には郵送にてお届けいたします。
待望の東組連合神酒所が間もなく完成します。
これまで多くの方々の協力、アイデアをいただき、竹取部隊のご努力により立派な神酒所が間もなく完成します。今日は午後3時からバ-ベキュ-大会を開催しますので是非遊びに来て下さい。神酒所の写真は後程upします。
«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 || Next»